ガールズバーに来る男性はどんな人?客層について解説

ガールズバーに来る客層はキャバクラより若め

「ガールズバーに来るお客さんとお話するだけのお仕事って言われても、そのお客さんって大丈夫なの?」っていう心配をしてしまう女の子が多いのも当然ですよね。

私も実際にガールズバーで働くまでは、そんな風に思ってました。

「ガールズバーに来るって、変な男の人ばっかりでしょ?」ってねw
でも、完全に誤解でしたよ!

ガールズバーに来るお客さんは男性が多いんですけど、結構若い人が多め
キャバクラのお客さんと比べると、やっぱり若いです。

キャバクラよりもガールズバーってカジュアルで、料金設定も安いんですよ。

だから若いサラリーマンとか、中には学生さんなんかもいますけど、それでも居酒屋ほどは安くはないので、ちゃんと働いてる人やお金をある程度持ってる人が多いかな。

なので、変なお客さんっていうのは、まずいません。安心しちゃってください!

私もそうなんだけど、若い人の方が話しやすいんですよね。

世代が近い方がトークも盛り上がるし、そこまで過剰に気を遣わなくていいので楽なんです。

キャバクラよりも、そういう感じは強いはずですよ!かなり接しやすいお客さんが多いですね。

立地やお店のコンセプトによっても変化する

どんなお客さんが多いかっていうのは、正直、お店のある場所やお店の掲げるコンセプトなんかによっても変わってきます。

オフィス街にあるお店だったらサラリーマンが多いし、若者や学生さんの多いエリアだったら、そういう人たちもたくさんお店に来てくれます。

コンセプトに関しては、ちょっと代表的なものをピックアップしてみますね!

・コスプレ系
・女子大学生系
・スポーツバー系
・和風バー系
・ゲーム系
・本格料理系
・ワインなどお酒にこだわってる系

ガールズバーって言っても、これだけいろんなコンセプトのお店があります。

この設定とかによっても、お客さんの雰囲気とか年齢層とかが変わってくるのは間違いありません。

アニメとかのコスプレ系だとオタクの男性が多いし、スポーツバー系だったら体育会系とかノリの良い人が多いし、本格料理を提供する系やワインなどのお酒にこだわってる系のお店だったら、落ち着いた大人の男性が多いって感じですね。

高単価のお店の方が客層が良い傾向がある

あと、お店の料金設定によっても、ちょっとずつお客さんの層が変わってきます。

ガールズバーって、キャバクラと比べると料金設定は安いんですけど、コンセプトとかによっては、ちょっと高めになってるところもあるんです。

高級ガールズバーとかは雰囲気を大事にしてるので、料金を高めに設定して、お金を持ってる人をターゲットにしてるわけですね。

ざっくりと言ってしまうと、高単価のガールズバーの方が、お客さんの質は良いです。

大人だし、落ち着いてるし、文句とかクレームとか言ってこないし、器も大きいって感じの人が多いです。

当たり前かもしれないけど、お金を持ってるから、心にも余裕があるんでしょうね…。

もし客層にこだわりたいなら、単価とか料金設定の高めのお店を選んでみてください!

高級ガールズバーで働けば、ちょっと変わったお客さんと出会う確率もかなり下げることができますよ。